FC2ブログ

ひろしのこれでいいんです!!

社会風刺コント集団 THE NEWSPAPER の土谷ひろしのブログです…(タイトル命名は浜田です)

コメントに関して、誹謗・中傷・その他管理人判断により不適当と判断した場合は削除させて頂きますのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックひろし。

みなさん!
以前お尋ねしたクラシック!
いろいろ教えていただきありがとうございます!
すべて良かったですが、ダッタン人の踊りになぜかひかれました。
愛の夢、高校時代に好きになり、着メロにニュースペーパー3年目までしてました。
携帯壊れてからは、着メロめんどくさくなり、基本状態からいじってません(笑)
最近はなぜか、トルコ行進曲(モーツァルト)にはまっています(笑)

3・11ライブの時。
渚のアデリーヌを谷垣で少し弾いたんです。
無論少ししか弾けないのですが(笑)
それで味をしめてしまい、エリーゼのために、をあれから3カ月、コツコツ練習。やっぱりうまくは弾けませんね(笑)

本公演まであと少し。
なんとかして、痩せなければ(笑)
まずは、ビールの量を減らします(笑)


【5月27日朝】
歩いていると、ぼくのうでにてんとう虫がとまった。

この先、明かりが灯るような気がした。

もしくは転ぶか、のどちらかだ。

点灯転倒てんとう虫。
無視。


【雪解け③】
親父と二人で宿泊してまでなんて、小学校6年生以来だ。
伊達政宗が好きで仙台に連れて行ってもらった。
あの時も一泊だった。そのホテルの大浴場で親父は蛇口を壊した。
運が悪い男なんだろう。きっと親父じゃなくとも、順番に当たれば壊れていたことだろう。
えてして、そういう人間はいる。
一つ言えることは、それを受け入れられるか、そうでないかだけだ。
親父はもちろん前者だ。
笑いながら親父は、
「壊しちゃった」
と言った。
「壊した」のと「壊れた」では、全然意味合いが変わってくるが、たぶん、「壊した」が妥当だとやっぱり思う。
その後、泥ぶろみたいな中に、気持ち良さそうに浸かる親父。僕はかけてゆき片足を浸ける寸前で止められた。
「おしっこしたから入ってくるな」
笑顔でいう親父を殴りたくなったのは言うまでもない。

そんな思い出しか残らない親父との旅行。なぜ二人で来てしまったのだろうか、と早くも後悔の念でいっぱいになった。
つづく


【ビッグマウス】
某ラーメン屋に入り、しょうゆラーメンを食べた。
とても旨かったが、自分でも作れると思った。
家に帰り、味覚を思い出しながら、適当に出汁をとり、作った。
言うまでもなく、旨かった。

格言
すべての味は好みに通じる

自分が納得すればよいのである。
それが、似てない味であったとしても…(苦笑)

【台湾】
初めて行った外国。
ちょうどこの時期に行ったのを何故か思い出した。

2週間。
当時の観光ビザでいられるギリギリの期間。(不確か)

1人。
下調べ無し、地球の歩き方片手に。

お金をぼったくられもした。
すぐに、おばあちゃんが助けてくれた。
歴史は色々あるけれど、温かい人の心に触れ嬉しかったのを思い出した。
さて、また明日からがんばろう。



みなさん!
いつもありがとうございます!
怠け者の僕ですが、またブログ、書いて行きます!
ホントかな?(笑)


おやすみなさい!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

応援してます。これからも頑張ってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

ひろしさんこんばんは。
お元気ですか?
お父さんとの旅行の思い出のお話ありがとうございました。

blogに連日の更新嬉しいです!
ラーメンの味を再現できるなんて素晴らしいです。

おやすみなさい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

管理人

管理人

Author:管理人
社会風刺コント集団 THE NEWSPAPER のメンバーブログです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright (C) ひろしのこれでいいんです!!. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。